2017年02月03日

答えを求めて散歩する?!

こんにちは。
アルケミア・メッセンジャーの中村家(夫)です。


皆さんは、悩みを解決したい、願いを叶えたい、
この先どうするべきなのか、そんな何かヒントが欲しいときにどんなことをするでしょうか?
本や映画をみる、信頼する人に相談してみる、占い師に聞いてみる・・・
人によって様々なやり方があると思います。

今回、私が体験した方法は、
気ままにあちこちを歩き回ること。そぞろ歩き。
なんと「散歩」によってヒントを得ようとのこと!
風水としての散歩というわけです。

難しい言葉ではこのそぞろ歩くことを「逍遥」ショウヨウといいます。
師に誘われ、そぞろ歩いてまいりましたので
ご紹介させていただきます。

今回の舞台は新横浜!

師「なにか願いごとある?」
はい、待ってました。かねてより「ごっつい存在」になりたいと思っていた私。
「ご、ご、ごっつい人になりたいです!!」
(ごっついとはとんでもなく凄いの意)

■テーマ「ごっつい人になる」
このテーマを念頭に早速出発です!
まずは篠原城跡を目指して歩くことになりました。

まずは歓楽街近くのジャックスパローにご挨拶!
hiballjs2.jpg


途中なんとなく目に入ってきたものに、
「五右衛門」スパゲティ屋さんの看板が、、、
五右衛門ってごっついよなぁと思いながらそぞろ歩きは続きます。

師の導きで、
地元のタクシーの運転手さんしか知らないようなレアな細い道を通って、駅の反対側へ。

その細い道の終わりあたりで出てきたのが、
「ひとつしかないものを救え」と書いてある看板。

IMG_0452.JPG
↑ものすごく意味深・・・。


↓篠原口の地下道を通り、栄えているターミナル方面へ。
IMG_0455.JPG


途中、喫煙所に寄ると
自動販売機に「新ケントへ、アップグレード」なる言葉を発見。
私はよくケンメイと呼ばれるので気になります。


昼食をということで歩く中、師がこれ!覚えておいて!と一声。

IMG_0453.JPG
↑「天馬カレー」さんの看板では、馬の漢字が反対向きになっていました。


ラーメン博物館に行きましたが
40分待ちだったので、やめてもう少し風水散歩を続けました。


師が鳥貴族を調べてくれといって、見てくるといった道に、
「鳥元」という蕎麦屋さんがあり、入ることになりました。

そこのお蕎麦が、
幌加内そば(ほろかない)というもので、このほろかないを調べたところ、
「逆戻りする川」
というアイヌ語の言葉が出てきました。


調べているときに、唐突に師が一言。
「竹之内豊になりたいって思ったことない?」
  ・
  ・
僕「げーーーーーー?!!!!!」
  ・
  ・
  ・
(実は最近美容院に行くにあたり、CM(dヒッツ)に出演している竹野内豊さんの写真を持っていったのです)
(元々二枚目的な竹野内豊が、最近はちょっと面白くてはじけていていいなとも思っていました)

師は何だか突然「竹野内豊さん」が浮かんだそうです。
「散歩」においてある程度の距離が足りていないときにこのようにヒントが飛び込んでくるそうです。


今回の散歩で出会ったヒントを師匠が読み取ってくださり次のような結論になりました。

・今は【逆戻りしている】ということ。
 (地下道の逆波模様、幌加内の意味、馬の逆文字)

・何が逆戻りなのか
 →ごっつい路線を進もうとしていること。本来は軽くてはじけてる路線でよいこと。

・ひとつしかないものを救え
 →ひとつとは「オリジナリティ」のこと。

ちなみに、私は東京ガスのキャラクター「ガスパッチョくん」を見てると
なぜか涙が出てくるくらい意味もなく好きなのですが、面白くて軽いキャラクターです。

今回の散歩で、
私の本来のオリジナリティは私が求めているものではないことがハッキリし
まるで啓示を頂いたような気持ちになりました。

これをもって無事、今回の散歩は完結となりました!めでたしめでたし!


次回は、このマジカルなそぞろ歩き技の解説です!お楽しみに!


「あなたが探しているものは、あなたを探している!」

posted by 中村家 at 23:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: