2017年02月12日

風水散歩技の原理解説

皆様こんにちわ。中村夫です。
前回は驚愕の体験をシェアさせて頂きましたがいかがでしょうか。

風水散歩では、アクティブ・ドリーミングという
ネイティブ・アメリカンのシャーマンが使う秘法が元になっています。
これは願望実現、目標達成、問題解決すべての悩みに啓示的に解決が
もたらされるという何とも凄い智慧なんですね。

今回は師のまとめられた本来非公開の貴重な波動干渉のテキストから
この秘法のエッセンスを落とし込んだ技をもとに解説していきましょう。

まずはご紹介から!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
■エステート ドリーム デラックス
(運命を知る 見る・なる・おもう)

@喫茶店など閉ざされた空間(電車、レストラン)で特に印象に残った人
を思いだしてみましょう。(よい、わるいは別で印象に残った人)

Aその人を見てどんな気分でどう思うでしょうか?【見る】
まずそれを確認します。

B次にその人になってみてどう思うでしょうか?【なる】
 →イメージのその人に重なるようにしてみましょう。

Cその人になったまま、自分を見てみましょう【思う】
そのうえで自分にアドバイスしてみましょう。

それが今のテーマであり”運勢”です。



■ドラゴン ドリーム エクストラ
“ん?” と思う能力に気づく。
“ん?” には興味と危険の意味がある。

手を絵のようにしてみて“小指”を張り、人体や方角をさぐると
“ピリッ”と動きますが、この時我々は“ん?”と感じています。
image.jpg

この“ん?”が大切なのです。

Point
あなたが求めると、すべてがそれに答えてくれます。
あなたはある波動を発しています(無自覚に)
すると必ず共鳴するものがあります。
取り巻くもの、人のすべてがあなたに注目し共鳴することで
答えていることを理解しましょう。
あなたが変われば、自然に目につくもの、人は変わってきます。
したがってステキなもの、人が目につくのでしたら良い運勢と言えるでしょう。

プラスα
この“ん?” という違和感を感じる能力は
生まれつき備わっており、快・不快の両方に反応する“無条件反射”で、

学術的には”これは何だろう反射”と呼ばれています。
この“ん?” を鋭敏にすると“天才”がめざめます。
感性、才能、ひらめきなど、すべてはここから始まります。
-------------------------------------------------------------------------------------------------


<解説>
突然ですが、初めて降り立った駅ですぐにパチンコ屋を見つける人いませんか?
あるいは、喫茶店がそれとなく目に付くとか。
これは普段から何を意識しているかで入ってくる情報が違ってくるわけです。
風水散歩では、このような無自覚の意識を共鳴させず、テーマを設定します。

歩く中で意識はいろいろなところをさまよいますが、気がついたらテーマ
を自分の中で何回も繰り返します。
そうすると、ある場所や空間で“ん?”という感じで印象に残ったものが
飛び込んできます。その他雑多な情報とは感じ方が違うので、
きっとわかります。それはテーマに関係するものなので、覚えておきましょう。
この段階では、何を言わんとしているかわかってもわからなくても構いません。
少なくとも10分〜15分以上歩き続けて下さい。
大きな空間を歩き回るほど面白い結果が得られます。

手順のおさらいです。
@願望実現?目標達成?問題解決?あるテーマを決める
Aそぞろ歩いて情報集め。ヒントは“ん?”
B集めたモノコトをテーマや自分自身にどんな関係があるのか眺めてみる。
  不明な言葉や気になることは調べてみましょう。
C集めたモノコト【見る】【なる】【おもう】で出てくるもの。

もう本当に醍醐味と言っていいのですが
“ん?”だったモノコトが“!”になる瞬間は鳥肌ものです。

集めた手掛かりにある種のストーリーや傾向があったり、
ぼーっとしているときに急に答えがふってきたりもします。
まさに“啓示”のように・・・

あなたも歩きたくなってきませんか?


アクティブ・ドリーミングについて詳しいやり方は、以下に掲載しています。
ご興味のある方は是非!

「きれい!にすぐ効く気のミラクル・セラピー」青春出版社
著者:安田隆
P166掲載『アクティブ・ドリーミング』


次回は、まだ散歩技が阿吽行と呼ばれていた頃の話をご紹介します。
1回目よりすんごいです・・・お楽しみに!


「あなたが求めているものは、あなたを待っている!」


posted by 中村家 at 11:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: